感染症予防(手洗い)

2021.09.10

千葉県は緊急事態宣言が続き、8月に入ってからは1日の感染者数が1000人を超える日が続いています。

 

リトルガーデンでは登降園時の消毒、検温を実施し感染症対策に努めています。

ごっこ遊びのなかでも、人形を検温して「お熱ありません」と言っている姿があり、ほっこりすると同時に、子どもたちにも検温の習慣がついていることに感心しています。

 

さて感染症にかからないために、大切なことは何でしょう?

 

手洗いです!!

 

中には子どもたちがきちんと手を洗えているかと不安に思っている保護者様もいるのではないでしょうか?

 

リトルガーデンでは子どもの目線に手洗いポスターを貼り、手順を見ながら手洗いを進めてけるようにしています。

 

 

蛇口に手が届かない子どものために、ステップを用意し、自分で手を洗える喜びを感じてもらえるようにしています!

 

  

 

自分でやってみたいという気持ちが芽生え始める1歳ころの子どもたちも、ステップに乗って自分で手洗いをし「上手に洗えたね」と褒められると、とっても嬉しそうにしています。

 

褒められることで意欲が上がり、お外から帰ってくると自分で水道に向かう姿も!!

 

 

なかなか手洗いに積極的になれない子どもには、手洗いが好きになってもらえるように、歌を歌いながら手を洗ったり、「先生と〇〇くんどっちが上手に洗えるかな?」などの声掛けをしたりして、楽しく手洗いを行えるようにしています。

 

また指の間を洗う時には「おやま」や「かめさん」、爪の間を洗う時には「ねこさん」と子どもが想像しやすい言葉を使うことも効果的です!

 

  

 

ご家庭でもお子さまと楽しく手洗いをして、感染症対策を行いましょう。